フリーローンを低金利で借りる


12月 09, 2016

総量規則対象外の意味とは?

あなたがお金を借りたいという場合、通常消費者金融等(クレジットカード会社、信販会社)で借りようとすると、「総量規制」によって借入総額に制限があるのをご存知ですか?

つまり貸金業法では個人が借りられる金額は年収の3分の1を超えてはらないと定められていて、それ以上は消費者金融等では借りることはできません。

しかしながら銀行でお金を借りる場合は総量規制対象外となるため、年収の縛りを設けることなくお金を借りることが出来ます。では消費者金融と銀行とで何故こうした違いがあるのでしょうか?

その理由は銀行と消費者金融との顧客層の違いにあります。つまり銀行の場合は「融資を焦げ付かせない」ことを前提に、安い金利で収入の安定した人を対象に貸出を行っています。そのため利用者が多重債務などの深刻な事態に陥ることも低いため、総量規制対象外となっているのです。

しかし消費者金融は銀行と比べて借りられる人の幅が広く、融資が焦げ付く可能性も高いです。そのため銀行と同じように低い金利で貸し出すと、たちまち融資が焦げ付いて経営が立ち行かなくなってしまいます。

そこで消費者金融等では仮に借金を返さない人が出ても赤字にならないように、その分普段の金利を高めに設定しています。しかし金利が高いということは、利用者の負担が増すことを意味します。なのでその負担が大きくなり過ぎないように、あらかじめ総量規制によって貸出額を制限しているというわけです。

いかがでしたか? 消費者金融と銀行とでは、限度額や経営の方針などに違いがあることがおわかりいただけたと思います。みなさんもお金を借りるときには是非参考にしてみてくださいね。もちろんご利用は計画的に。
総量規制対象外のカードローンを比較!即日融資の審査スピードはこちら